インプラント治療では、顎の骨の中に人工歯根を埋め込んで歯と骨と結合する手術が行われます。
骨にしっかりと固定することで、もともとあった歯と同じように使うことができるため永久歯を取り戻した状態にすることができます。
そのため、インプラントは第二の永久歯とも呼ばれます。

インプラントは歯根の代わりに顎の骨に埋め込んで歯を固定する人工歯根と歯茎の上から見えている歯の部分になる人工歯とその二つを結合するアバットメントという3つの部品を用います。

このパーツの入れ方によって手術方法や手術回数が異なります。
入れ歯の場合は周囲の歯に固定をするため、周囲の歯に負担がかかってしまったり虫歯や口臭の原因ともなりました。
ブリッジは歯のなくなった場所に義歯をはめ込み、両側の歯と一緒に固定をします。そのため両方の歯を削ることにより先々その歯が損傷してったり歯並びがわるくなってしまったりすることもありました。

それに対して、インプラントは周囲の歯に影響を与えることはないですし、骨までしっかり固定することで歯がグラグラしたり痩せていったりしません。そのため、口臭や虫歯といったトラブルを起こすことなく天然の永久歯と同じような状態を維持することが可能なのです。

Published by 運営者