メリット

インプラントは外科手術が必要ですし、自由診療のため保険が適用されず高額な治療費が必要です。
また、手術内容も難しいため医師の技術が高くなければ失敗する可能性もあります。
また、手術費用の安い病院の場合には、使用するパーツが安いものであったり医師の技術が不足している場合もあるため、注意が必要です。

しかし、このようなリスクがあったとしてもきちんとした医院を選んでインプラント治療をすることで得られることも沢山あります。

インプラント治療をして歯がしっかり固定できると、しっかり噛むことができるようになるため固いものも食べることができるようになります。
噛み合わせが良くなると、食事をしやすくなりますし力を入れやすくなるためスポーツもしやすくなります。
また、周囲の歯を削る必要もないですし、見た目も周囲の歯と遜色ない出来上がりになります。
ブリッジや部分入れ歯と異なり口臭や歯の変色というトラブルを避けることができるため、人前で口を開くことも恥ずかしく無くなります。

また、入れ歯のようなケアが不要であるため、歯磨きもしやすくなりますし、旅行にも行きやすくなります。
最近ではその治療の痛みを緩和するために無痛治療も行われるようになっています。
興味のある人はインプラント治療を行っている医院でカウンセリングを受けることから始めてみましょう。

治療方法

インプラント治療では、顎の骨の中に人工歯根を埋め込んで歯と骨と結合する手術が行われます。
骨にしっかりと固定することで、もともとあった歯と同じように使うことができるため永久歯を取り戻した状態にすることができます。
そのため、インプラントは第二の永久歯とも呼ばれます。

インプラントは歯根の代わりに顎の骨に埋め込んで歯を固定する人工歯根と歯茎の上から見えている歯の部分になる人工歯とその二つを結合するアバットメントという3つの部品を用います。

このパーツの入れ方によって手術方法や手術回数が異なります。
入れ歯の場合は周囲の歯に固定をするため、周囲の歯に負担がかかってしまったり虫歯や口臭の原因ともなりました。
ブリッジは歯のなくなった場所に義歯をはめ込み、両側の歯と一緒に固定をします。そのため両方の歯を削ることにより先々その歯が損傷してったり歯並びがわるくなってしまったりすることもありました。

それに対して、インプラントは周囲の歯に影響を与えることはないですし、骨までしっかり固定することで歯がグラグラしたり痩せていったりしません。そのため、口臭や虫歯といったトラブルを起こすことなく天然の永久歯と同じような状態を維持することが可能なのです。

インプラントとは

歯の治療法というと削ってその部分に詰め物をする方法がずっと当たり前に行われてきました。治療で歯を抜いたり抜けてしまった場合には、ブリッジをしたり入れ歯をしてきました。
しかし、これらは噛み合わせや健康な歯を傷つけなければならないという欠点がありました。

それを改善するために1970年代から始まった治療がインプラントです。日本でも20年ほど前から取り入れられ、最近急激に処置件数が増えています。
それに合わせてたくさんのインプラントによるトラブルが紹介されるようになりましたし、治療費が高額であるという話が出てくるようになったため、気にはなっているけれども処置を受けるかどうかは迷っているという人も多くいます。

たしかに、新しい治療法であるため、インプラントに対しては様々な不安の声が上がります。処置の具体的な方法であったり、手術の痛みや術後の様子、体への害はないか、手術で失敗はないのか、といったことがよく疑問で挙げられます。
そこで、ここではこういった疑問点の答えとインプラントを行うメリットについて紹介をしていきます。

新しい治療法であるため不安に感じる点も多いのが事実です。しかし、歯が美しくなると食事も会話も楽しくなりますし、口を開くことへの抵抗が少なくなるので生活が活発なものへと変わっていきます。
現在歯にトラブルを抱えていたり、口を開くことへの抵抗がある人は是非インプラントについて知り、検討をしてみましょう。